So-net無料ブログ作成

ユリイカの魔夜峰央を読む [コミック]

astaroth_mayamineo_190421.jpg

春の夜。『ユリイカ』臨時増刊号の魔夜峰央特集を読む。というか、まだ読みかけである。最近の『ユリイカ』にしては珍しく、内容濃すぎるので。あ、それと目次が読みにくい。

口絵のラシャーヌのキャプションに、「魔夜のベタは印刷より美しいと評判であり、ビアズリーとの親和性が述べられる」 とあるが、黒味に偏ったモノクロの美しさはマンガというよりイラストレーションである。
他の個所にも書かれているが、そのベタが漆黒であるのは二度塗りしているからとのことで、そんなにしっかり塗らなくても印刷にすればムラは消えてしまうのだが、そこにこだわるのがマンガ家の常である。
作者自身も言っているが、魔夜峰央のマンガには動きがない。常に静止画である。

冒頭のインタヴューには今まで知らなかったことがいろいろ書かれていて (ファンなら既知のことなのかもしれないが、私はそれほどには知らないので) 大変に面白い。インタヴューを受けているのは魔夜本人と奥様である山田芳実。魔夜が超・愛妻家であることが読み取れる内容である。

話は生い立ちから始まるが、故郷の新潟の風景など、砂山のような場所に家があってそこに住んでいたのだそうである。別の記事によれば、新潟市が主催する 「にいがたマンガ大賞」 というのがあり、最終審査員としてやはり新潟出身である水島新司が担当していたが、途中からそれに加わり、現在は魔夜が最終審査員として継続中とのことである。

魔夜の作品における黒みのバランスは恐怖マンガに通じるものがあって、わかりやすい例だと楳図かずおだが、でも怪奇マンガについては、

 美内 (すずえ) さんや山岸 (凉子) さんの恐怖マンガはすごく怖いですよ。
 ジワッとくる嫌な怖さ、日本のホラー映画のような陰湿な感じですね。
 私もああいう怖いマンガを描きたかったんですが、どうやってもできな
 い。私のは 「怖くない怪奇マンガ」 です。(p.24)

という。ギャグマンガへと路線が変わったきっかけは『ラシャーヌ!』で、ラシャーヌは復讐神ビシュヌをビシューヌ→ラシャーヌとしたもので、反響はなかったが次の年のマンガ家のパーティで褒められたとのこと。特に木原敏江から褒めてもらったことを覚えているそうである。

奥様の発言によれば、背景にはパターンがあって、アシスタントは 「魔夜峰央バック」 を覚えなければならないのだとのこと。バラの花は池田 (理代子) 先生のバラが一番美しいので、それをアシスタントに学ばせる、と魔夜は言う。そしてバラが必要な場合は、エンピツで 「バラ」 と書いておくと、アシがそこにバラを描き入れるというシステム。アシスタント、結構大変そうです。

クック=ロビン音頭は、アシスタントが観てきた素人劇団の《ポーの一族》の中で、例のエドガーのセリフを元にして踊っていたというのを聞いて、それがヒントになったのだという。クック=ロビン音頭に関しては後のページに細馬宏道の詳細な考察があるが、クック・ロビンといわれても、当時の読者だったら原典のマザー・グースを連想するのではなく〈小鳥の巣〉のはず、というところから検証が始まっているのだけれど、細馬によればその翻訳における音律は北原白秋の訳詞に遡る、とある。そしてギムナジウムで行われようとしているシェイクスピアの『お気に召すまま』へと至る言及は面白い。(p.107)
ただ、マザー・グースのコック・ロビンはS・S・ヴァン・ダインの『僧正殺人事件』(1929) に使われたことで有名であり、魔夜峰央は当然知っているだろうが、萩尾望都もおそらく知っていただろうと思われる。
魔夜の奥様の山田芳実はバレエ・ダンサーであり、宝塚が好きでよく一緒に観に行くのだそうだが、《ポーの一族》を魔夜は観に行けなかったとのことで、でもエドガー役の明日海りおの写真をパンフレットで見て、この人ならエドガー役をやっても納得できると思ったとのことである (p.41)。宝塚といえば『翔んで埼玉』(1982-83) の麻美麗は当時の宝塚のトップスター、麻実れいからつけたとのこと。でも了解はとっていないのだそうである。
これは関係ないと思うのだが、パタリロのアニメが放映されたのが1982年、大瀧詠一の〈イエロー・サブマリン音頭〉も1982年なのだ。音頭の年だったのかもしれない (なわけないか)。というか、そもそもクック=ロビン音頭の元ネタは三波春夫であるはず。

魔夜峰央は、本は大体、SFとミステリしか読まない、さらに日本のものは全く読まない、と言っている。そうだろうなぁと納得する。(p.36, p.80)

日高利泰の24年組に対する厳密な考証は大変参考になった。小長井信昌の24年組がニューウェーブであるとする論考を否定し、

 「二四年組」 と 「ニューウェーブ」 を等価なものとする用法はあまり一般
 的ではない。一九七〇年代後半のマンガ界における新しい動向を指すと
 いう広い意味では重なる部分はあるものの、一般にマンガ用語としての
 「ニューウェーブ」 は大友克洋を中核的な指示対象として用いられる。
 (p.62)

というのだが、ニューウェーブなる名称そのものを知らなかったので勉強になる。
さらに日高は24年組作家たちの少年愛、いわゆるBLな作品について『JUNE』が耽美というコンセプトを打ち出したのだというが、耽美のもつ本来の意味としての作品、つまりビアズリー的な黒の美学でありながらBL的テーマを持たないものとして山田章博の『人魚變生』をあげている。(p.63)

少しとばしてしまうが、芳賀直子の日本におけるバレエの受容に関する考察も大変面白い。日本におけるバレエ受容の特徴として、西欧においてはバレエはヒエラルキーのトップにあり、それに対してアンチ・バレエとしてのモダン・ダンスという対比があるのだとする。しかし、バレエが日本に入ってきた初期の頃は、バレエもモダン・ダンスも等しく西欧文化だったとするのである。(p.101)
そして、なぜ日本ではマンガがくだらないものであるとされてきたか、について、まず貸本屋時代のマンガという存在があって、そうしたマンガの中でのバレエの描かれ方は 「バレエはお金持ちの少女の趣味」 であるか、あるいは 「才能はあるけれどお金はない少女にとっての、成功するための手段」 としてのものだったというのである。
しかし、当時の貸本マンガに対する評価は 「良家の子女が読むものではない」 とされていた存在で、これがマンガという媒体に対する蔑視としてあったのだという。そうした結果として、

 バレエはマンガによって西欧での受容層と違った文化圏の人達、そして
 方法で広がったということです。(p.102)

のだというのである。そもそも私は貸本というシステム自体を知らないので何ともいえない。だが、貸本とか紙芝居とか、まだメディアが発達していなかったころの文化の伝播の状態というのは現在とは異なり、かなり異質なものであったのだろうということは想像できる。

魔夜峰央は40歳を過ぎてから奥様に習ってバレエを始め、それもかなり本格的なのだという。インタヴューから感じられるのは、なによりもパタリロなどで描かれる世界とは全く異質な明るい家庭の雰囲気であり、その落差に驚いたのだけれど、でもアヴァンギャルドでアートな人って、作品はアヴァンギャルドだけれど実はとてもアヴァンギャルドじゃない人というのはよくあることです。

とこのへんまで読んだ、ということでとりあえずおしまい。


ユリイカ 2019年3月臨時増刊号 総特集◎魔夜峰央
(青土社)
ユリイカ 2019年3月臨時増刊号 総特集◎魔夜峰央 ―『ラシャーヌ! 』『パタリロ! 』『翔んで埼玉』…怪奇・耽美・ギャグ―

nice!(93)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 93

コメント 6

末尾ルコ(アルベール)

載せてくださっている画はひとめでビアズリー的ですよね。
『サロメ』とビアズリーほど幸福な文学と挿絵という関係は歴史的にも他に類例がないのではと思います。

しかしですね、わたしの漫画ライフも随分と偏ったものでして、少女漫画系は限られた作家しか読んでないのです。
さらによく考えると、少年漫画系もかなり偏っていたですね。
『Dr.スランプ』も『ドラゴンボール』もまるでダメで・・・とここまで書いてちょこっと調べてみたら、両方とも鳥山明なのですね。
それさえも今知りました(笑)。
そんなわけで、魔夜峰央も『パタリロ!』があれだけ高名であってに関わらず、読んだ記憶がほとんどありません。
魔夜峰央は現在映画『翔んで埼玉』がヒットしておりますよね。
少女漫画をかなり読み込んでいる弟が原作を持っておりまして、(読んでみようかな)と思っていたところです。

それにしても今回のお記事、魔夜峰央のみならず、「文化受容」のテーマとして実に興味深く拝読させていただいております。
昨今の日本の文化状況を鑑みるにつけ、各国の「文化受容」の相違がいかに文化レベルに影響を与えているか、つくづく感じており、このところの最大の興味の一つとなっております。

「怖い漫画」という点に関しては、真っ先に浮かぶのが、つのだじろうなのですが、今読むとさほど怖くない可能性大です。
山岸涼子は今読んでも怖いです。
この辺りは表現力の格が違うのかなと思いますが、『恐怖新聞』はなにせ雨戸を閉めていても突き破って入ってくるから、「逃げ場のない怖さ」を感じたものです。
『亡霊学級』というコミック本に至っては、あまりに怖いので隣の家の庭に捨てたというアホな子どもならではのエピソードも。
しかしつのだじろうの場合は、「いかにも嫌な感じの画風」で神経を逆なでするのですが、山岸涼子は「日常の中にふと挿入される恐怖」が凄いという印象です。

>『僧正殺人事件』(

持っていたのに途中までしか読んだことのないミステリの一つです(笑)。
こういうの、今読んでもおもしろいでしょうか。
今だからこそ(笑)、ちょっと興味があります。

そう言えば、「ニューウェーブ」という呼び方もあったような。
はっきりとは記憶してないですが、大友克洋は「必読」というイメージが定着しておりました。
わたしは『AKIRA』よりも『童夢』の方が好きでした。
あと、吾妻ひでおも「必読」の一人でした。

>バレエもモダン・ダンスも等しく西欧文化

そうかもしれませんね。
淀川長治さんが何と日本でアンナ・パブロワのステージを鑑賞しているのですが、同時代にアルヘンチーナなど、クラシック・バレエ以外のステージも「凄いもの」として鑑賞しております。
淀川さんのパブロワに関する文章はバレエ史家(だったと思いますが)が、「バレエに関してこれだけ迫力ある文章は読んだことない」と驚愕しておりました。

「貸本」!
わたし多分、貸本というシステムが姿を消す直前に経験していたのだと思いますし、高知だからまだ残っていたのかもしれませんが、自宅の隣が「貸本&雑貨」のお店をやっていたのです。
図書館にはおもしろい漫画ほとんどないし、買えるような小遣いももらってないしということで、貸本の存在は大きかったです。

・・・

>プロレスの歴史が世界の歴史を見るときの

まあ80年代からはそういう感覚はなくまりましたが、特に子どもの頃はプロレス中心で世の中が回っておりました。
とりわけ「真昼間」にアリVS猪木の放送があった日のインパクトは大きく、あれは特別な記憶です。
試合放送前後から夜までの出来事のほとんどを記憶しているくらいですから、記憶力に難ありのわたしが(笑)。
親に映画館へ連れて行ってもらったことも強い記憶ですが、映画は「その日しかみることができない」というものではありませんが、プロレス放送はビデオのない時代、その時間にテレビに噛り付くしかありませんでしたから。

そう言えばビル・エヴァンスのドキュメンタリー映画『タイム・リメンバード』が今月劇場公開されるようですね。
まあ高知で映画館にかかるわけありあませんが(笑)、とても興味があります。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2019-04-21 16:51) 

うりくま

本当に黒が美しいですね。魔夜先生の数々のこだわり、
面白く読ませて頂きました。宝塚の「麻美れい」さん
好きだったので(ベルバラのアンドレ役)翔んで埼玉
の漫画を読んで(字は違うけど)音はそのまんまか?
と思いましたがまさかの無許可だったとは。。(^0^)
GACKTが宝塚の男役の耽美な感じを上手く醸しだし
ているようですね。(まだ映画は未見です。)前の
コメント欄で書き忘れましたが「ボヘラプの舞台裏」
も気になります。いろいろ裏話がありそうですね。
by うりくま (2019-04-21 19:42) 

向日葵

大変面白い魔夜峰央論になっている、と思いました。

考察の仕方が流石lequicheさん。
一味も二味も違いますね。

未知の世界「バレエ」についても面白く拝読しました。

by 向日葵 (2019-04-22 07:15) 

lequiche

>> 末尾ルコ(アルベール)様

どんなジャンルにも好みはありますから、
それについて研究するのなら別ですけれど、
無理してまでそれを知る必要はないと思います。
私も嗜好は偏っていますがあくまで趣味なのですから
別に構わないと思うのです。
もっとも私は『Dr.スランプ』も『ドラゴンボール』も
一応全部読んでいます (番外編など多少見落としはありますが)。
魔夜峰央はそのギャグが面白いと思うかどうかで
印象がとても左右されますね。
面白くないと思えば全然面白くないかもしれません。
いきなり『翔んで埼玉』はキツいかも、です。(笑)

『パタリロ!』は一種のパスティシュでもあるので、
ジェームズ・ボンドとかゴルゴ13とか
基本的な少女マンガを知らないとわからない部分があります。
『ポーの一族』や『ガラスの仮面』などを読んでいることが
最低必要条件です。読んでいることを前提としたギャグです。

バレエは1911年 (12年?) のG.V. ローシーの来日、
1922年のアンナ・パヴロワの来日、1946年《白鳥の湖》の初演、
等々、そのときどきでのエポックはあるのですが、
散発的で継続することが難しかったために、結果として日本では
少し特殊なかたちの発展をしてきたというように書かれています。
それがずっと下って『アラベスク』や『SWAN』に至るとのことです。
このへんはルコさんのご専門でしょうから、
私にはよくわかりません。
淀川長治さんの目配りはすごかったのだと思います。

つのだじろうは名前は知っていますが、
作品はほとんど読んだことはないのではないかと思います。
恐怖マンガなのですね。
つのだ☆ひろなら知っていますが。(^^;)
山岸凉子は 「天人唐草」 のイメージが強烈過ぎます。

ヴァン・ダインは歴史的なミステリ作家ですが、
今読んだらどうなのかはわかりません。
小栗虫太郎はヴァン・ダインからの影響がありますね。
でも小栗も今読んだら古色蒼然に思えてしまうのは確かです。

大友克洋も魔夜峰央も
女の子が描けないという点では共通していますね。(笑)
『童夢』はそのタイトルで自動車マンガかと思っていました。

貸本屋をご存知というのは貴重な体験ですね。
実は私、紙芝居も駄菓子屋もほとんど知りません。残念です。

ビル・エヴァンスはその音楽とは裏腹に
その人生にはかなり辛いことが多過ぎます。
どのようなドキュメンタリーになっているのか、
興味はありますが。
by lequiche (2019-04-23 03:17) 

lequiche

>> うりくま様

美しいですね。
原画を見た新人マンガ家さんが震えたそうです。
ホワイトも使わないし、トーンもほとんど使わないそうです。
尾田栄一郎もトーンを使わないですが、画風が違いますし。(^^)
でも原画展に行き損なってしまいました。

『翔んで埼玉』は発表当時は楽屋オチネタだったでしょうし、
まさかこんなに時間が経ってから売れるとは思わないですよね。
無許可と言っていますが、麻実れいさんには出版社から
何らかのアクションがあったのではないでしょうか。
あぁ、アンドレ役だったんですね。
明日海りおって名前は麻実れいと音的には似ています。
それで魔夜先生も間違えたそうです。
よくよく考えれば時代が違い過ぎますが。

ボヘミアン・ラプソディの記事はほとんどが技術的なことで、
DAWはProToolsだがコンソールはAMS NEVE DFCが好きなので
それと同期させて使っているとか、そーゆーワケわからないことで、
でもたとえばテンポラリーでは
「日本武道館で大成功してイギリスに帰ったら、
ヒースロー空港にはファンがひとりも待っていなかった」
というシーンがあったのだそうです。
残念ながら最終的にこのシーンはカットされてしまいました。

ラミ・マレックは歌のシーンで実際に歌っていて、
それをフレディ・マーキュリーのテープの声と同期させて、
二人の声をミックスしたのだそうです。
そして吐息とかマイクに当たる音など、ラミが演技の中で出した音を
音として繰り込むことによって、リアルさを出したとのことです。
他にも、オーディエンスの拍手というものは、
そのまま流しているだけではホワイトノイズ化してしまうので
常に変化をつけることが必要なのだ、とか、
もう、とんでもないです。(^^)
by lequiche (2019-04-23 03:17) 

lequiche

>> 向日葵様

いえいえ、ほとんどは雑誌に書いてあったことのダイジェストです。
すごく読み込んでいる著者のかたばかりで、ためになりました。
初期の頃の『パタリロ!』にスヌーピーが出てくるというんですが、
全く記憶にないので確かめてみたいと思っています。

バレエも奥が深いです。
全体的に魔夜峰央はマニアックなので、
知らないと見過ごしてしまうことが多いかもしれません。
by lequiche (2019-04-23 03:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。