So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

坂崎幸之助の〈The Beatles White Albumの秘密〉を聴く [音楽]

sakazaki&yukai_181116.jpg
坂崎幸之助&ダイアモンド☆ユカイ
(allnightnippon.comより)

ビートルズのホワイト・アルバム50周年記念エディション発売前日の11月8日夜、オールナイトニッポンGOLDスペシャルという番組で坂崎幸之助とダイアモンド☆ユカイのトークが放送されたのを、そのトーク部分だけYouTubeで聴きました。発売前の大騒ぎみたいなのは、昔のWindows発売の頃を思い起こさせる。あれは何だったんだろう? と今になって思うのだけれど。Windowsもビートルズもイメージとして、ちょっと懐古趣味っぽいように思います。

世界同時発売ということで、それまでは放送もできないらしいなかで、許されている範囲の曲をかけたらしいのだけれど、それは下記リンクのYouTubeではカットされています。約45分ほどなので、聴くのが一番なのだけれど、内容をかいつまんで書いてみます。知っていることもあるし、知らないこともあるし、だけれど、やはり坂崎さんの話術に引き込まれるのはいつもの通り。
お時間のある人は私の駄文など読まず、下のリンクから直接聴いたほうがよいです。

まず最初に坂崎さんが言う言葉。今回のエディションに収録されている未発表のデモ&セッション音源について 「もうどれだけ残ってんだ。ビートルズと大瀧詠一さんは」 という 「つかみ」 に笑ってしまう。ジ・アルフィーなんかせいぜいマスターっきり残ってないよ、とのこと。それが膨大に残っているのは、その頃から未来を見越していたんだろうという推理です。
でも坂崎さんのその当時の感想は、とっつきにくいアルバムであったという。まず2枚組というのはそれまでになかったし、LPなんて高いからそんなに売れないはず。買うのに決心がいりますよね。それにメンバーはすでに求心性を失ってバラバラの状態だったし、それはジョンとポールに対してジョージが擡頭してきたことにあるのだろうと。
それでその2枚組というのに影響されて加藤和彦が2枚組アルバムを出そうとして、結局却下されて1枚になってしまったことをアルバム解説でグチッているのだそうです。ビートルズも加藤も当時は同じ東芝だし、対抗意識があったのでしょうけれど、でも相手がビートルズじゃ、ちょっと無理。《ぼくのそばにおいでよ》(1969) ですね。2枚組で出していたら面白かったのに。

話はジェフ・エメリックに。エメリックはジョージ・マーティンの下で働いていたエンジニアで、ビートルズの一番身近にいた人です。それまで禁忌だった方法――バスドラムの中にマイクを入れた人でもある。それ以外にもいろんな録音の技法を編み出した人ですが、今年の10月に亡くなってしまいました。
〈Tomorrow Never Knows〉のヴォーカルを、ジョンから 「ダライラマが山の上で歌っている声にしといて」 と言われて、ジョンは帰っちゃった。いつでも帰っちゃうんだよなぁ、という話です。今、Tomorrow Never Knows を検索したらトップにミスチルが出て来ました。ヤレヤレ。

坂崎さんはホワイト・アルバムをニュー・アルバムとして聴いた世代なのだけれど、キツかった、という。とっつきにくくて、ばらばらという意味ですよね。対するダイアモンド☆ユカイさんは、ビートルズ・ファンの第2次ビートルズブーム世代だといっています。
その頃、赤盤・青盤というのが出た頃だけれど、オレは音楽にうとくてあまり知らなかった。その頃、流行っていたのはクイーンとかキッス全盛なんだけれど、スポーツ少年だったからクイーンとかキッスって見た目がバケモノみたいであんまり (ファンに殴られますよ) ……で、ビートルズの《Please Please Me》から聴き始めたんだとのこと。髪の毛も短いし。これで長髪って言われてたんだ。
それでギターがやりたくなって親にギターを買ってもらったんだけど、何かちょっと違う。つまりガットギターだった。近所のオニイサンに教わろうとしたら〈禁じられた遊び〉で、そりゃないよ、で、やっとコードを弾くというところに辿り着いたんだそう。

Gの音を出すとき、日本の教本では1弦だけ3フレットなんだけれど、イギリスの教本は2弦も3フレットを抑えるように書いてあるんだ。だからイギリス人は皆こういうふうに弾いてるんだとのこと。ああ、3度抜きね、と坂崎さん。そこからギターの話題に。
ポールって3フィンガーでは弾かないで2フィンガーじゃないですか。人差し指っきり使っていない。考えようによっては、すごい適当なんだよね、と坂崎さんが言う。でもそれでないと雰囲気が出ないんだそう。
〈Back in the U.S.S.R〉では3人がベースを弾いていて、という話から、それって後のフィル・スペクターとかそういう音につながっていくのかな、と発展してゆく。ウォール・オブ・サウンドを作るために大瀧詠一もたとえばギターを3人重ねて、でも同じ人が重ねたらダメで、違う人が3人で同じフレーズを弾くことによって音に厚みが出るのだそうです。

エリック・クラプトンの話では〈While My Guitar…〉だけでなく〈Yer Blues〉も。でも当時はそういう情報は得られなかったから謎だった、と坂崎さん。
最も有名な〈Strawberry Fields Forever〉の2つのテイクをつなぎ合わせた話。速い回転数のテイクを遅く、遅いテイクをやや速い回転数にして、つないでしまったのだけれど、結局、コードをAで弾くのかB♭で弾くのかという問題があるのだそうだ。あぁ確かに。
そういうことをわざとやってしまったのがサイケデリックですよね。

イーシャー・デモ全27曲というのは、ジョージ・ハリスンの自宅で録音したアコースティク・デモで、坂崎さんはこれがとても気になるという。ホワイト・アルバムに収録されなかった曲も入っていて、ポールのソロ1作目に収録された〈Junk〉も入っている。〈Not Guilty〉はテイク102と記載されていて、でも結局、ボツだったわけです。
そしてポールはビーチ・ボーイズの《Pet Sounds》に影響されて《Sgt. Pepper’s…》を作ったのだということだが、wikiにはそのこととともにビートルズの《Rubber Soul》が《Pet Sounds》に影響を与えたと書いてある。ブライアン・ウィルソンとポール・マッカートニーとの関係性、互いに与えた影響というのは面白い。

〈MIchelle〉のイントロのポールの独特なベースライン。これは以前にも聞いたことがあって、その解説の動画もあった。確かにそうだよね。すごく納得します。
最後の話題として、それまでビートルズなんてうるさいだけ、といっていたクラシック畑の先生がたが、〈Yesterday〉を聴いたとき、そのコード進行の斬新さに、これはちょっと普通のバンドとは違うんじゃないかと思ったというのを、ドイツに行く飛行機のなかで服部克久先生がおっしゃっていたとのことです。

ただ、こういうホワイト・アルバムみたいな 「全部出し」 の行く付く先は、マスター・テープをそのまま再現することにあるんだと思います。つまり8chあったらそれを各ch毎に選択しても音を出せること。ハイレゾとか各種のハイスペック仕様CDじゃなくて、マルチトラックの再現こそが究極のはず。それは現在のCDの仕様では無理なので、でも最終的にはそれがマニアの望むものなのかもしれないのだけれど、それが成立するだけの需要はやはり無いでしょうね。

リンクの最後に〈Yer Blues〉を。
ジョンってやっぱり歌うまいよね。(コラコラ ^^;)


The Beatles [white album] (Universal Music)
ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(スーパー・デラックス・エディション)(限定盤)(6SHM-CD+Blu-ray)




坂崎幸之助&ダイアモンド☆ユカイ/
オールナイトニッポンGOLDスペシャル
THE BEATLES WHITE ALBUMの秘密 (トーク部分のみ)
https://www.youtube.com/watch?v=OjpYTkMQb2c

坂崎幸之助/MIchelleのベースラインについて etc.
https://www.youtube.com/watch?v=jqhFbg9IeyQ

Yer Blues/
John Lennon, Eric Clapton, Keith Richards,
Mitch Mitchell (Jimi Hendrix Experience)
https://www.youtube.com/watch?v=Iuy-10Ejck4
nice!(80)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

Et que je ne peux t'oublier ― フランシス・レイ [音楽]

FrancisLai_181113.jpg

フランシス・レイ (Francis Lai, 1932-2018) といえば映画《男と女》の音楽を担当した、という紹介記事ばかりで、それだけ売れた映画なのかもしれないのだけれど、そればかり言われるのではちょっと悲しい。
wikiを読んでみても、さらっとアウトラインをなぞっているだけで 「そんなもんなの?」 と思ってしまう。さらにfr.wikiを見てもたいして違いはなかった。もう過ぎてしまった人だということなのだろうか。

《男と女》の音楽はフランシス・レイにとっての出世作であるだけでなく、俳優として出演し、主題歌を歌ったピエール・バルーにとってもその後の活動のきっかけとなる作品だった。バルーは映画の中で〈サンバ・サラヴァ〉という曲を歌っているが、この曲はヴィニシウス・ジ・モライスの詞にバーテン・パウエルが曲をつけた作品であり、バルーはその詞をフランス語に翻訳して歌った。ヴィニシウスはブラジルの音楽を考える上で非常に重要な人物であり、それは今読んでいる本から得た知識なのだが、バルーがそうした曲に着目し、そしてその後の自分の音楽レーベルにサラヴァと名づけたことなど、すべてがこの映画から始まって派生していったと思えなくもない。
サラヴァといえば、サラヴァ・レーベルにおける最も有名なブリジット・フォンテーヌのアルバム《comme à la radio》のアナログ盤がつい最近、復刻されたばかりである。

さて、ja.wikiよりはやや詳しいfr.wikiに拠ればフランシス・レイのPrincipales chansonsとして、フランスではエディット・ピアフ、マリー・ラフォレ、ピエール・バルー、ニコール・クロワジールなどが挙げられている (ニコール・クロワジールは〈男と女〉をバルーとデュエットした人である)。
そしてマリー・ラフォレの〈Je voudrais tant que tu comprennes〉はミレーヌ・ファルメールが最初のコンサートで、コンサート最終曲としてカヴァーしたことで知られる作品であるが、ラフォレ自身の歌唱も複数に存在する。
フランシス・レイはもともとアコーディオン奏者であり、聴きようによってはチープなその音色が、きっとこの曲には合っているのだろう。ホーナーの、少しキツいかもしれないと思える音色のボタン・アコーディオン、涙とともに歌う歌のようなのだが、そんなに優れている歌詞とはいえなくて、つまり比較的通俗な歌詞でしかなくて、曲の魅力のほとんど全てはそのメロディにあるような気がする。

 Je voudrais tant que tu comprennes
 Toi que je vais quitter ce soir
 Que l’on peut avoir de la peine
 Et sembler ne pas en avoir

Et que je ne peux t'oublierというのが歌詞の最終行で、 je ne peux t'oublierは英語だとI can not forget you、あなたを忘れることはできない、という意味だが、それは今まさにフランシス・レイへの言葉となって響く。


Marie Laforêt/Marie Laforêt (Musidisc)
Marie Laforet




Marie Laforêt/Je voudrais tant que tu comprennes
https://www.youtube.com/watch?v=KvYvc7RHbBI

Marie Laforêt/Je voudrais tant que tu comprennes
Les archives de la RTS
https://www.youtube.com/watch?v=rFgnQZ7WwJI

Mylène Farmer/Je voudrais tant que tu comprennes (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=Ocl1fVuMEFg
nice!(76)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

While My Guitar Gently Weeps ― Beatles [音楽]

whitealbum_181110.jpg

ビートルズの通称《ホワイト・アルバム》は私にとってずっと〈While My Guitar Gently Weeps〉の入っているアルバムでしかなかった。それは、最初に《ホワイト・アルバム》というレコードの存在を知った頃には、統一のとれていない色々な傾向の曲を詰め込んだような白いジャケットが、まだ未完成のデモ盤のようにも思え、自分の家でない場所で聴いてみても1回や2回ではなんだかよくわからなかったという記憶だけが鮮明に残っている。
今考えればそれは、単に音楽の聴き方が不慣れで幼稚だったのに過ぎないのだが、そんな中で強く印象に残った曲のひとつが〈While My Guitar Gently Weeps〉だった。わかりやすい曲だったということなのだろう。

その頃、私たちはド下手なバンドをやっていて、何かの折りに誰かが〈While My Guitar…〉をやろうと突然言ったのだ。いや、正確にいえばそれにはきっかけがあったのだと思う。初めて借りた練習スタジオは渋谷の坂の途中にあって、ずっと過去のことのはずなのに、階段に差し込む光線の具合やその勾配の感触が、今でもありありと蘇る。階段を上がっていくと部屋は身分不相応に広くてグランドピアノが置いてあった。普通、ロックバンドの練習スタジオなんてもっとずっと狭くて、しょぼいキーボードが1台置いてあるのがせいぜいのはずだ。もしくはキーボードは無くて持ち込みだったり、別料金でレンタルだったりした。それなのにグランドピアノである。けれどその時の練習がどんな結果だったのかは全く記憶になくて、でもそれからしばらくして、〈While My Guitar…〉をやろうと言い出した理由として 「あのイントロがカッコイイんだよな」 と付け足された言葉には、きっとそのときのスタジオのグランドピアノを意識して言ったのだということがすぐに理解できた。

よぉし、練習するぞ、とそのときは思ったのだが結局そのスタジオに再度行くことはなかった。きっとスタジオ代が高かったのだと思う。それに〈While My Guitar…〉をやろうという提案は、ごく軽い思いつきに過ぎなくて、誰もがそんなにこだわっているような曲ではなかったのだろう。私を除いて。
確固とした目標を持たないバンドは、所詮音を出すためのお遊びにしか過ぎず、やがてそれは消滅してゆき、そういうことがメンバーを変えて、あるいはバンドを変えて繰り返され、そして私がやりたいと思うような曲はいつも採用されず、あまり気乗りのしない曲だとやる気が起こらず、その結果として私は次第にそうした活動から遠ざかっていった。それはそんなに間違ったことではなかったと思う。もともとそうした情熱は持ち合わせていなかったし、時間は決して永遠にあるのではないからだ。
だが、今思い出してみると、そうして時間が永遠に続くと思っていた頃のほうが、時間を無駄に消費していたにせよ、もっと何か純粋なものがあったように思える。それは私だけが抱いていた幻想かもしれないのだが、その稀有ななにかは経験値という手垢のついたものと引き換えに永遠に失われてしまったのだ。それが年齢を重ねるという残酷な証拠なのだ。

YouTubeから幾つかの〈While My Guitar…〉を探し出して聴いてみる。オリジナルは思っていたよりもチープなのだけれど、でもこの音はこれしかない。あたりまえだけれどジョージ・ハリスンの声が若い。
1987年のプリンス・トラスト・ロック・コンサートのジョージは、少し前へ前へと食ってゆくリズムが刹那的でカッコイイ。ピアノがオリジナルとは違うのが残念。
2004年のア・トリビュート・トゥ・ジョージ・ハリスンは、最後にプリンスが全部持って行ってしまうところが思わず笑う場面なのだろう。ギターは全然、gently weeps していないが。

今回のリミックスと諸々の別テイクは、分厚い美術書のような立派なパッケージングをされていて、モノクロの4人の肖像が透明な厚手のフィルムに印刷されてカヴァーになっている。それはビートルズが音楽という歴史のなかにこうしたアーカイヴとして認知されてしまったことをも意味する。豪華で美麗なのだけれど、同時にもう甦らない秘匿の匣のようでもある。
私の心のなかにあるホワイト・アルバムは、そうしたよそゆきの貌でなく、カドの擦り切れたジャケットの白いアルバムに過ぎないのだ。


The Beatles [white album] (Universal Music)
ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(スーパー・デラックス・エディション)(限定盤)(6SHM-CD+Blu-ray)




George Harrison/While My Guitar Gently Weeps
The Prince’s Trust Rock Concert 1987
https://www.youtube.com/watch?v=gF-l93gRr68

Prince, Tom Petty, Steve Winwood, Jeff Lynne and others/
While My Guitar Gently Weeps
A Tribute to George Harrion 2004
https://www.youtube.com/watch?v=6SFNW5F8K9Y

The Beatles/While My Guitar Gently Weeps
https://www.youtube.com/watch?v=D-dONCnY_Yg

*トップ画像はNo.0000001のホワイト・アルバム (amass2016/09/02より)
nice!(81)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | -