So-net無料ブログ作成

1997年のPEARL ― 田村直美 [音楽]

TamuraNaomi_180201.jpg

田村直美の音楽活動の端緒はPEARLというバンドである。PEARLというバンド名はもちろんジャニス・ジョプリンのアルバム《PEARL》からであることは確かである。だが私はこの初期のPEARLは全く知らない。後から遡って聴いてみたが、あまりピンと来なかった。

私にとってのPEARLは1997年に結成されたPEARLで、これはそれまでのPEARLの継続ではなく、田村直美のワンマンバンドである。北島健二 (g.)、トニー・フランクリン (b.)、カーマイン・アピス (ds.) という構成によるアルバム《PEARL》を何がきっかけで見つけたのか、もはや記憶にない。
当時は安室奈美恵やglobeなどが最も流行していた頃で、つまり音楽産業が活況だった時代である。

アルバム《PEARL》の初回盤は透明なグリーンのプラケースで、デザインはメンバーとは関係のない子どもの写真である。このアルバムをほとんどエンドレスのようにして聴いていたときがあったことを突然思い出した。あまりに聴き過ぎるので念のため、もう1枚をフルイチで見つけて買っておいた。

田村直美は最初のPEARLが終わった後、ソロ活動となり、CLAMPのアニメ《魔法騎士レイアース》[マジックナイト・レイアース] のテーマ曲〈ゆずれない願い〉がヒットしたことでアニメ歌手のように言われたりもするが、それは違うのではないかと思う。レイアースはCCさくらに先行するCLAMPらしい作品で、設定としてはやや古いが、典型的なCLAMPらしい幻想が懐かしい。

アルバム《PEARL》は強くゆるぎない声、ロック・スピリットを併せ持ち、そして強力なバックの演奏により過去のPEARLで実現できなかった田村の理想的なサウンドを作り上げることができた作品のように思える。遡ってソロ・アルバムや初期PEARLも聴いてみたが、田村直美のベストはこの《PEARL》であると思っていい。

どうしてこんなメンバーを集めることができたのかわからないが、アニメ等での成功による発言力があったことは確かだろう。
北島健二は難波弘之のSENSE OF WONDERにゲスト出演したときに聴いたことがあるが、ジェフ・ベックの〈Cause We’ve Ended as Lovers〉のカヴァーがいまだに忘れられない (こっそりと書いてしまえば、ジェフ・ベックより上手かったと思う)。
トニー・フランクリンはブリティッシュ・ロックのベーシストで、ザ・ファームを経てブルー・マーダーという経歴を持つが、田村以外の日本人作品への参加も多い。
カーマイン・アピスはヴァニラ・ファッジのドラマーである。ヴァニラ・ファッジは〈You Keep Me Hangin’ On〉の入っている1stアルバム《Vanilla Fudge》が有名だが、私にとってのヴァニラ・ファッジの最高傑作は《Renaissance》(1968) で、このアルバムにもハマッていた時期がある。私の持っているのはドイツ盤のCDだが、その頃、アメリカ盤はなぜか手に入らなかった。一種のコンセプト・アルバムであるが、1曲目の〈The Sky Cried, When I Was a Boy〉で暗い妖気のようなものに引き込まれてしまい、それは最後のトラックのドノヴァンの曲〈Season of the Witch〉まで途切れない。

田村直美の声はそれ自身が快感であって、例によって私は歌詞はあまり聴いていない。ロックはそれでもいいのだ、と思うことにしている。


PEARL (ポリドール)
PEARL




PEARL/虚ろなリアル (live)
https://www.youtube.com/watch?v=GQHKpxpg2kg
nice!(96)  コメント(7) 
共通テーマ:音楽

ポートランドの魔女 ― アーシュラ・K・ル=グィン [本]

LeGuin_180128.jpg
Ursula K. Le Guin (ursulakleguin.comのPublicity Photosより)

今朝の朝日新聞の書評欄のコラム 「文庫 この新刊!」 では池澤春菜がジョイス・キャロル・オーツの『とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢』(河出文庫) をトップで取り上げていた。池澤のチョイスは同じようなSF嗜好のためか、いつも私の好みにぴったり合っているので楽しみにしているのだが、オーツだってハードカヴァーより文庫のほうが買いやすいし、それだけ需要があるということだろうからちょっとうれしい (オーツの同書については→2014年09月24日ブログ、池澤春菜については→2016年07月27日ブログですでに書いた)。

しかしSFということでいうのならばル=グィンが亡くなったことは、88歳という年齢なのでいつかは来ることだったけれど、とても悲しい。アーシュラ・K・ル=グィンはSFというジャンルを超えて、20世紀において最も信頼できる作家のひとりであった。

アーシュラ・K・ル=グィン (Ursula K. Le Guin, 1929-2018) の一番よく知られている作品は何だろうか。おそらく『闇の左手』(1969) か、いわゆる《ゲド戦記シリーズ》(1968-2001) だろう (最初の3冊だけのときにはアースシー・トリロジーと呼ばれていた)。もうひとつあげるのならば、私は『所有せざる人々』(The Dispossessed, 1974) を選ぶ。

追悼記事は多数あってとても読み切れないが、ル=グィン自身のウェブサイトにリンクされている The New York Times の1月23日付 Gerald Jonas の記事を読んでみた。
ゲド戦記の舞台であるアースシーにおける魔法は言語に基づいていて、ゲドをはじめとする魔法使いたちは 「真 (まこと) の名前」 を知ることによって、そのパワーを発揮することができるという設定になっている。ゲドの場合もゲドは 「真の名前」 であって、通名は 「ハイタカ」 である。「真の名前」 を知られると相手にコントロールされることになるから 「真の名前」 を明かすのは勇気が必要である。アースシーという世界におけるこの法則が、名前という寓意で示しながら実際はそれ以上のメタファーになっていることは言うまでもない。
この法則、というか 「しばり」 をル=グィンは自分の作品に出てくるキャラクターに対しても真剣に適応したのだという (discipline seriously)。「私は (そのキャラクターの) 正しい名前を見つけなければならない。それでないとストーリーに乗ることができない」、つまり 「名前が間違っているとストーリーを書くことができない」 のだそうだ。
ゲド戦記において、ハイタカに対立する者がなぜヒスイという名前なのかとか、クレムカムレクという謎のような名前とか、それらはそれぞれに考え抜かれて命名されていたのだということがあらためて確認できる。

『所有せざる人々』は二重惑星のひとつが資本主義であり、もうひとつが一種の社会主義であるという設定から、政治小説として読むことも可能だが、それは書かれたのが1974年というベトナム戦争末期という時期とも関係しているように思える。しかしル=グィンの場合、フランシス・コッポラの《地獄の黙示録》のようにリアルな表情を見せることはない。
彼女の作品に存在するのは、光と影、男性と女性、名前のあるものと無名のもののように二項対立であり、資本主義と共産主義というのも同様である。
そして『所有せざる人々』の場合、資本主義社会は繁栄しているが腐敗していて、共産主義社会は、共産主義というよりユートピアを指向していながらそこに到達できないゆえの貧困があり、ル=グィンはそれが良いことであるとも悪いことであるとも断定しない。それは読者に与えられた課題であるのだ。
ニューヨーク・タイムズの記事には 「ロシアのアナーキスト、ピョートル・クロポトキンのアイデアをベースとした」 というような表現があり、いわゆるアナーキズムであるが、『天のろくろ』などには老荘思想への傾倒もあり、それはル=グィンが作品の登場人物に好んで白人でなく有色人種を選ぶのと並んで、彼女の強い意志と確信がうかがわれる。
この作品が書かれた当時、ドイツはまだ東西に分断されていたし、いまでも朝鮮は南北に別れたままだ。ル=グィンはそうした事象をストレートには描かないし直接的な政治的発言もしなかったが、2009年にgoogleの本のデジタル化プロジェクトに反対してAuthors Guildを脱退したことからもわかるように、その信念は一貫していて揺るぐことがない。

ル=グィンはアメリカの北西部ポートランドにずっと住んでいた。ひとつの区切られた空間というものが幾つもの幻想に作用する。その地が住みやすかったのか住みにくかったのかということとは別に、ある空間や時間を所有すること、それは所有しないことよりも物質的には豊かであるが、ひとりの人間の歴史の中で、住む場所はとても重要なのではないかと考える。私はアメリカの北東端に住んでいたマルグリット・ユルスナールのことを同時に思い出していたのだ。

LeGuin_NYT_180123.jpg
Le Guin at home with her cat, Lorenzo (1996) (nytimes.comより)


アーシュラ・K. ル・グウィン/ゲド戦記 (岩波書店)
ゲド戦記 全6冊セット (ソフトカバー版)




アーシュラ・K・ル・グィン/闇の左手 (早川書房)
闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252))




アーシュラ・K・ル・グィン/所有せざる人々 (早川書房)
所有せざる人々 (ハヤカワ文庫SF)

nice!(72)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

メトネルを聴く ― エカテリーナ・デルジャヴィナ《8 Stimmungsbilder》 [音楽]

derzhavina_180122.jpg
Ekaterina Derzhavina

今日は朝から雪だ。東京としては、かなり大雪になっている。これから出かけなければならないと思うと憂鬱だ。

YouTubeでメトネルのピアノ曲をなんとなく検索していたら、ドミトリー・ラフマニノフというちょっと名前負けしてしまいそうなピアニストに行き当たった。あのラフマニノフと関係があるのだろうか? たぶん無いのだろうけれど、手が大きくてダイナミックで、まさにラフマニノフを弾くのにはふわさしい。

でもそれよりエカテリーナ・デルジャヴィナ (Ekaterina Derzhavina) のメトネルである。デルジャヴィナは1967年ロシアのモスクワ生まれのピアニストであるが、ラ・フォル・ジュルネで来日したこともあるらしい。ハイドンのピアノ・ソナタで有名だが、私はまだ未聴である。
ゴルトベルクの演奏もあって、これも評判になったらしいが現在廃盤らしく入手しにくい。グールドと比較していたネットの記事もあったが、グールドのゴルトベルクは確かに孤高で画期的ではあるけれど、グールドだけがピアニストではないと私は思う。何事もそうだが、カリスマをつくりあげてしまうと冷静な判断がしにくくなる。

メトネル (Nokolai Karlovich Medtner, 1880-1951) はロシアの作曲家であるが、ピアノ曲がその作品の大半であり、ピアノ以外では室内楽曲が少しあるだけである。ロシア人であるがもともとはドイツ系であり、ロシア革命後 (正確に言えば十月革命後)、ロシアを出てパリに住んだが彼の作風はその頃のフランス楽壇の先進的な音楽とは合わず、やがてロンドンへと行きその地で没した。
メトネルの作風はやや時代遅れのロマン派的な傾向であり、つまりラフマニノフ的であり、たとえばプロコフィエフのような音楽を嫌っていたという。作品から醸し出される印象は暗く、やや晦渋で屈折した抒情であり、常に多声で鳴っているような構造をしていて、求められるテクニックは高度である。

メトネルは私の偏愛する作曲家のひとりであるが、そのためにかえってあまり書くことができない。メトネルの演奏ではイリーナ・メジューエワがよく知られているが、それに対してデルジャヴィナがどうなのかは、私の中ではまだよくわからない。
デルジャヴィナの最近の録音には夭折の作曲家スタンチンスキーがあり、その選曲が私好みである。

YouTubeにメトネルの《8 Stimmungsbilder》(8つの情景画) を弾いたデルジャヴィナの動画があった。英訳されたタイトルだと Mood Picutures であるが、 邦題の 「情景画」 というのは、言葉としてそういうのもあるのかもしれないが、やや違和感がある。ラフマニノフには《Études-tableaux》(音の絵) という曲があるが、それと同じようなタイトルの付け方のような気がする。

《8 Stimmungsbilder》は作品番号1で、書き始められたのは1895年であるが、書き継がれ、書き終わったのが何年かははっきり特定できなかった。1903年に楽譜が出版されている。
8曲で構成されているが、調性的には2曲ずつのセットになっているようで、1曲目:Prologue: Andante cantabil が E、2曲目のAllegro con impeto が gis であるが、3曲目:Maestoso freddoと4曲目:Andantino con motoは es と Ges になっていて、1~2曲目のセットとは半音/一音とごく近い。5~6曲目 Andante & Allegro con humore は5度上がった b と Des、そして7曲目:Allegro con ira と8曲目の Allegro con grazia - quasi valse のみこの法則性から外れて、どちらもfisとなっている。

6曲目 (デルジャヴィナのリンク動画で14’20”あたりから) の L’istesso tempo と表記のある18小節目 (14’48”) からとつぜんリズムが変わって懐旧的なメロディが紡ぎ出される。これは古いタンゴのリズムなのだそうだが、ドヴォルザーク的な俗謡のようで、でも陰翳は曖昧で寂しい。この6曲目から終曲の8曲目までがこの作品のピークである。
作品番号1の楽曲がこのように完成されたものであることからもわかるように、メトネルには習作曲とかわかりやすい曲というのが存在しない。すべては緻密で凝縮された暗い輝きのなかにある。

(メトネルについては→2012年01月29日ブログ、スタンチンスキーについては→2014年11月04日ブログに少しだけ書いたが、まだ全然消化不良である)


Ekaterina Derzhavina/Haydn: The Piano Sonatas (Profil)
ハイドン : ピアノソナタ全集 (Joseph Haydn : The piano sonatas (Die Klaviersonaten) / Ekaterina Derzhavina) (9CD Box) [輸入盤]




Ekaterina Derzhavina/
Medtner: 8 Stimmungsbilder (8 Mood Pictures, 8つの情景画) op.1
live 2015.10.11 モスクワ音楽院小ホール
https://www.youtube.com/watch?v=LwEzcKDqoeM
1曲目楽譜画面
https://www.youtube.com/watch?v=SMbooLjwLmE
nice!(90)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽