So-net無料ブログ作成
検索選択

ブロッサム・ディアリーを聴く [音楽]

BlossomDearie_170517.jpg
blossom dearie/my gentleman friend (1961) ジャケット

ブロッサム・ディアリー (Blossom Dearie, 1924-2009) は、ピアノを弾きながら歌うニューヨーク生まれのジャズ歌手である。一度聴いたら忘れられないコケティッシュとも思える声に特徴があり、wikipediaでは light and girlish voice と表現されているので、そういうイメージでとらえられているのかと思っていたが、あらためて聴いてみると全然ベティ・ブープなどではない。シンプルな中に、しっかりと芯の通ったヴォーカルのように思う。そしてピアノが美しい。ナット・キング・コールもピアノが上手かったが、天は二物を与えることもあるのである。

ディアリーはアメリカで、ウディ・ハーマン・オーケストラ (the Blue Flames) やブルー・レイズ・バンド (the Blue Reys) などのジャズ楽団のコーラス・グループで歌っていたが (カッコ内はグループ名)、1952年にフランスに渡る。そしてパリでクリスチャン・ルグランなどとブルー・スターズというコーラス・グループを結成。このグループはレ・ドゥブル・シスを経てスゥイングル・シンガーズへと連なる系譜にある。ちなみにスゥイングル・シンガーズは8人のジャズ・スキャットのコーラス・グループとして知られ、バッハの曲をアレンジした《Jazz Sébastien Bach》(1963)という大ヒットアルバムなどがある。メンバーのひとり、クリスチャン・ルグランはミシェル・ルグランの姉である。

しかしディアリーはコーラスで歌うことから離れてアメリカに戻り、ソロのヴォーカル・アルバムとして最初に出されたのが《Blossom Dearie》(1957) である。パリの香りはこのソロの1stアルバムにも生かされており、〈It Might as Well Be Spring〉などもフランス語で歌われている。
正確には《Blossom Dearie》の前にプレスティッジ、エマーシーなどから出されたアルバムがあるが、ソロ・ヴォーカルということで考えればこのヴァーヴからのアルバムがディアリーのキャリアの第1弾と考えてよいのではないだろうか。

《Blossom Dearie》(1957) から《My Gentleman Friend》(1961) までの初期アルバム6枚をCD3枚に収めてあるReal Gone JAZZレーベルの廉価盤《Six Classic Albums》で聴いた。ピアノ・トリオにギターを加えたクァルテットというのがほとんどのフォームであり、どれもが同じパターンといえばその通りなのだが、スタンダードでメインストリームなジャズ・アルバムとして聴ける良質な音で綴られている。ところどころに入るフランス語詞も違和感がない (5枚目の《Soubrette Sings Broadway Hit Songs》(1960) のみラッセル・ガルシアによるオーケストレーションとなっているが、トゥッティで鳴るようなオケではない)。

私は長い間、アルバム2枚目の《Give Him the Ooh La La》(1958) のアナログ盤でしかディアリーを知らなかったが、1曲目の、ランニング・ベースだけで始まりそれに歌の乗る〈Just One of Those Things〉は今聴いてもスリリングだ。フランク・シナトラとは全く異なるスピードなのが心地よい。このアルバムの〈Just One of Those Things〉〈Like Someone in Love〉そして〈Between the Devil and the Deep Blue Sea〉と続く導入部は秀逸である。(でも〈Between the Devil and the Deep Blue Sea〉の邦題が 「絶体絶命」 だと初めて知ったのだが、直截すぎて……)

ざっと聴いて心惹かれるのは1枚目のアルバムのロレンツ・ハートとリチャード・ロジャースの〈Ev’rything I’ve Got〉のここちよい韻の連鎖だったりして、でもソロ第1作としての気負いもあまり感じられないのに、1曲1曲がとても練られているのはさすがである。インストゥルメンタルの〈More Than You Know〉のしっとりしたギターとピアノのインタープレイも心に沁みる。ギタリストはハーブ・エリス、マンデル・ロウ、ケニー・バレルと変わっているがいずれも名演である。
アルバム5枚目のオスカー・ハマースタインII&リチャード・ロジャースの〈The Gentleman Is a Dope〉の暗くスゥイングするヴォーカルとオーケストレーションも美しい。ガルシアは木管の使い方が洒落ている。(選択したのが2曲ともたまたまリチャード・ロジャースだったが、その作品は書かれた映画やミュージカルそのものが知られなくなっても曲だけが残る典型である。ロジャースについては→2016年03月21日ブログに簡単に書いた)
そしてディアリーの歌はほとんどがごく短い曲なのに、その空間にジャズのエッセンスが満ちている。YouTubeには若い頃から21世紀になってのライヴまで幾つもの動画があるが、年齢を重ねてからの姿も凜としていて、その基本は柔らかなBe Bopの形見である。


Blossom Dearie/Six Classic Albums (Real Gone JAZZ)
6 CLASSIC ALBUMS




Blossom Dearie/I Wish You Love
live french TV 1965
https://www.youtube.com/watch?v=4hGjzuXchGg

Blossom Dearie/Just One of Those Things
https://www.youtube.com/watch?v=x4PzlqMTaNs

追加リンクしました。
Blossom Dearie/Try Your Wings
https://www.youtube.com/watch?v=9an3X-qlo5Y
nice!(91)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽