So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘンゲルブロックのマーラーを聴く [音楽]

hengelbrock_170504.jpg
Thomas Hengelbrock (http://www.abendblatt.de/より)

ジョン・バルビローリのマーラーのライヴ集が伊Memories Reverenceから現在2セット発売されている。第1集に収録されている第1番は1959年1月、ニューヨーク・フィルとのカーネギー・ホールでのライヴ。歴史的に貴重な録音なのかもしれないが、モノラルだし、音もくぐもっているし、それに冬だからか聴衆の咳が多かったりして、最初は音楽に入って行けないのだが、古いフルトヴェングラーの録音と同じでそのうちに気にならなくなる。
でも最新のヘンゲルブロックのマーラーと較べてしまうと、音の鮮明さに相当な隔たりがあるのだが、でもそれは60年近い時の差があるのだからあたりまえなので、そもそも較べるほうが間違いである。

ただ、たとえば有名な第3楽章 (悲しい 「Are You Sleeping?」) などを聴き較べてみると、もっとも違いがあるのはそのアーティキュレーションであり、バルビローリはなるほど確かにバルビローリなので、それはたとえばバーンスタインなどとも異なるのだが、そうした20世紀の巨匠たちの音作りとトーマス・ヘンゲルブロックの音は著しく異なっていて、でもそれがマーラー解釈の面白さで、またそれだけ違いが出やすいのがマーラーなのだとも思う。

ヘンゲルブロックとバルタザール=ノイマンのことは前のブログに書いたが (→2017年04月16日ブログ)、ヘンゲルブロックは北ドイツ放送エルプフィルハーモニー交響楽団 (NDR Elbphilharmonie Orchester) の首席指揮者であり、ヘンゲルブロックに注目するのならば、むしろNDRを中心とした演奏活動をメインに考えたほうがいいのかもしれない。

ヘンゲルブロックのマーラー第1番のCDは、1893年ハンブルク稿に拠るものと表示されている。マーラーは1889年にこの第1番をブダペストで初演したが、失敗したといわれる。その第1稿 (ブダペスト稿) を改訂した第2稿を1893年にハンブルクで演奏した。この第2稿をハンブルク稿という。第1稿も第2稿も5楽章であり、第2楽章は 「花の章」 といわれる。
しかしマーラーは第2稿をさらに改訂し、「花の章」 を削除して4楽章にした。そして編成を4管とした。これが第3稿であり、最終的な交響曲第1番となっている。

いままで、削除された 「花の章」 を復活させる意味で 「花の章付き」 などと表示された5楽章版が存在したが、第3稿のなかに 「花の章」 を挿入したただけだったりする演奏もあったようである。マーラーは 「改訂の鬼」 みたいな人だったので、それぞれの稿のなかにも細かい違いがあり、第3稿にも幾つかの異なる楽譜が存在するようである。
ヘンゲルブロックのハンブルク稿版は、第2稿の段階のマーラーをなるべく忠実に再現した演奏とのことであるが、ハンブルクでの上演の翌年 (1894年)、さらに改訂してヴァイマールで演奏されたものをヴァイマール稿と呼び、ヘンゲルブロックの演奏はこのヴァイマール版に近いとの情報も読んだが、未確認である。

さて、ヘンゲルブロックの演奏を聴いてみると、そのクリアさとしなやかさ、全体のピュアなイメージに驚く。録音が優秀なこともあるのかもしれないが、そんなことではなく、肌理の細かい音で成り立っている印象を受ける。
第2稿と第3稿では、どの楽器がどのように違うのかを詳述している評などもあるのだが、そんなに聴き込んでもいないし、細かい専門的なことはわからないのでそうしたことは措くとして、その違いは3管と4管の差にあるのだと直感的に思う。なぜならトゥッティで鳴ったときのバランスが異なるからである。

3管は、4管と比較すればややつつしまやかであり、ヘンゲルブロックのバルタザール=ノイマンに通じる古楽的なテイストを持っている (とはいっても古典派だったら2管なのだから3管は普通なのだが)。第3稿の場合、基本は4管だが、ホルンは7本に増強されていて、パワフルさがまるで違う。
ヘンゲルブロックはそうしたパワフルさでなく、まだ若きマーラーの不安定にさすらう心を現したかったのかもしれない。特に、音の流れの中から立ち現れてくる木管にドキッとする表情がある。こうした表情はテンシュテットにもジンマンにも無かった音である。それはマーラーに対するアプローチが異なるからなのだ。
ただ、たぶんマーラーが最終的に志向したシンフォニーの音は、バーンスタイン的な執拗で起爆力のある音——不適切な言葉かもしれないがヘヴィな音だったのだろうとは思う。ヘンゲルブロックはその方法論を採らなかった。それによって生かされた部分もあるし、失われた部分もあると思う。

ndr.de/のサイトを見るとすでにマーラー第2番、第9番のプロモーション動画がある。この方向性でヘンゲルブロックの次のマーラーが出てくるのだろうと思われるが、どのような演奏になるのか、とても楽しみである。


Hengelbrock, NDR Sinfonieorchester/
Mahler: Symphonie No.1 (SMJ)
マーラー:交響曲第1番「巨人」[1893年ハンブルク稿(5楽章版)]




長い曲なのでさわりだけでも。
Hengelbrock/Mahler: Symphonie Nr.1 D-dur (live)
https://www.youtube.com/watch?v=RKA6G1icH1U&t=2781s

Hengelbrock/Mahler: Symphonie Nr.1 D-dur
2015.03.26 live: Korean ART Centre Concert Hall
https://www.youtube.com/watch?v=GDej24w2HYY

Hengelbrock/Mahler: Symphonie Nr.1 D-dur (CD)
https://www.youtube.com/watch?v=1Z2lR5jqRQo&t=32s
nice!(91)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽