So-net無料ブログ作成

ヘンゲルブロックのロッティを聴く [音楽]

hengelbrock_170416.jpg
Thomas Hengelbrock

トーマス・ヘンゲルブロック (Thomas Hengelbrock, 1958-) に興味を持ったのは、実はマーラーなのだが、彼の立ち上げたバルタザール=ノイマンの独ハルモニア・ムンディ盤が2016年末にまとめられてリリースされたので、まずそれを聴いている。

バルタザール=ノイマン・コーラス&アンサンブルはヘンゲルブロックのいわば手兵で、主に古楽へのアプローチをするために創立されたもので、まずコーラスが1991年に、そしてアンサンブルは1995年に結成された。このハルモニア・ムンディ・エディションはその創立25周年と20周年記念のリリースとのことである。

バルタザール=ノイマンというネーミングが最初はわからなくて、ノイマンといって連想するのはマイクロフォンだからゲオルク・ノイマンGmbHのスポンサードなのだろうか、などとバカなことを連想していたのだが、その由来はバルタザール・ノイマンというバロックからロココの頃の建築家の名前なのだそうで、音楽なのになぜ建築? という疑問が残るのだが、詳しいことはよくわからない。
ヨハン・バルタザール・ノイマン (Johann Balthasar Neumann, 1687?-1753) は非常に多くの教会や城館などを作ったが、その最も有名な建築物はヴュルツブルクのレジデンツ (Würzburger Residenz) であるという。

バルタザール=ノイマン・アンサンブルができて、コーラスとアンサンブルの両方が揃ってからの第1弾の作品がロッティのレクイエムであった。
アントニオ・ロッティ (Antonio Lotti, 1667-1740) はヴェネツィアの作曲家で、ヨハン・セバスティアン・バッハ (1685-1750) より少し前の人である。ヴェネツィア出身ということから見れば、アントニオ・ヴィヴァルディ (1678-1741) と同じで、当時は音楽の中心地はまだイタリアであったから、まさにバロック最盛期の頃の作曲家のひとりである。
弟子にドメニコ・アルベルティ (Domenico Alberti) やヤン・ディスマス・ゼレンカ (Jan Dismas Zelenka) がいるが、アルベルティはアルベルティ・バスという音楽用語由来の人である (アルベルティ・バスとは、ピアノの初歩の練習曲によく出てくる、左手のドソミソドソミソみたいな奏法のこと)。またボヘミアのバッハと呼ばれるゼレンカのことはヴァーツラフ・ルクス/コレギウム1704の記事ですでに書いたが (→2012年12月23日2013年01月02日ブログ)、目立つ録音がカメラータ・ベルンしかなかった頃と較べると、最近はずいぶん知られるようになったと思う。

さて、このハルモニア・ムンディ・エディションに入っているロッティの作品は、レクイエム、ミゼレーレ、クレドの収録されている盤と、叡智のミサ (Missa Sapientiae) である。サピエンティアエはバッハのマニフィカト243aと一緒に入っている。
レクイエムというとどうしてもモーツァルトとかフォーレ、さらにはブラームスなどを連想してしまうが、ちょっと構えてしまうようなそうしたレクイエムとは趣が異なる。
たとえばゼレンカだったら、やや素朴というかローカルなシンプルさを感じてしまうが、ロッティの場合はシンプルではあるが、それはルネサンス期から受け渡されたような正統的なシンプルさであり、ヴェネチア的な明るさも持っている。レクイエムの場合は明るさという形容が不適当であるかもしれないので、透明感といったほうがよいのかもしれない。
バロックが歪んだ真珠だとするのならば、バッハなどによって歪まされる前のクリアな質感を持っている。曲の表情は単一であり、ときとして明るく、そして愁いに満ち、というように様変わりするバッハのような複雑性は無いし、曲が流れて行くなかでの変化も少ない。それゆえにそのピュアなラインが心に沁みる。

まだ全部を聴いていないし、雑な聴き方しかしていなかった報いなのだが、BGMのようにして聴いていたら、いつの間にかミサ・サピエンティアエが終わり、次のバッハのマニフィカトに入ってしまっていて、それを知らずに、なかなか陰翳が感じられていいなぁと思っていたらバッハだったというオチに気づいて、ひとりで笑ってしまった。
つまりバッハと比較するのは無理過ぎるが、でもヴィヴァルディと較べてみるのならば、随分表情が違っていて、その澄んだ和声が心地よい。ヴィヴァルディがオレンジ色とすれば、ロッティは褪めたブルー。でも寂寥の色ではなく、なにものをも示さないブルーだ。

ロッティはヴェネツィアにあるサン・マルコ寺院に一生を捧げた人である。それは1683年、当時のサン・マルコ寺院楽長ジョヴァンニ・レグレンツィに音楽を学んだことに始まる。ロッティはやがてサン・マルコのオルガニスト助手となり、だんだんと地位を上げて1704年、37歳で第1オルガニストとなった。しかしサン・マルコ寺院の終身楽長に就任したのは1736年、69歳のときであった。
ロッティは1740年に亡くなるが、その墓のあった教会は後年、ナポレオンによりとり壊されてしまい、墓は不明となってしまう。翌1741年に亡くなったヴィヴァルディも共同墓地に入れられたため墓がない。これらヴェネツィアの作曲家たちの音楽が今も確実に残っていることが、せめてもの救いである。


Balthasar-Neumann -Chor & -Ensemble
Thomas Hengelbrock
deutsche harmonia mundi edition (harmonia mundi)
EDITION




Thomas Hengelbrock, Balthasar-Neumann -Chor and -Ensemble/
Lotti: Requiem aeternam
https://www.youtube.com/watch?v=_7Vuv60YPgM