So-net無料ブログ作成

立花隆『武満徹・音楽創造への旅』を読む・1 [音楽]

takemitsu_170511_a.jpg
(左から) 武満徹、小澤征爾、横山勝也、鶴田錦史 Toronto, 1967

立花隆『武満徹・音楽創造への旅』をやっと読み終わった。集中して読めればいいのだが、時間がとれなくて手の空いたときに読んでいたのでなかなか進まない。ギッシリ2段組で800ページ近くあるのだから仕方がないのだが、長さはあまり感じられなかった。内容的にもギッシリである。

武満徹の生前、立花がインタヴューして雑誌に掲載した内容が元になっているので、重複している個所もあるし、やや混然としている部分もある。だが、つまり 「聞き書き」 のようなものであるのにもかかわらず、立花隆流のルポルタージュになっていて、日本の経済成長期における現代音楽の動向がどうだったのかが体感できるような構成になっている。編集して整然ときれいにまとめてしまったら、この時代性を映し出しているようなパワフルな部分も薄まってしまったのかもしれないと思うと、雑誌掲載時のかたちを残したままで良かったのであろう。

ただ、本が出てからすでに1年以上が経過しているし、他の文献を参照しようとすると、この本も含めて武満徹について書かれたものはあまりにも多いので、その情報量の多さに茫然としてしまう。武満徹は音楽だけでなく、自身の多くの著作もあり、それが音楽作品と関連し合っていることもあって、すべてをひもとくのは不可能なのではないかと思う。誰もが大きな象のごく一面しか見られないという状況なのだ。
音楽作品も、もっともメインの現代音楽作品以外に、多数の映画音楽などが存在し、それは彼がまだ作曲家として売れていない頃、生活費を稼ぐ目的で作られたものを含め多岐にわたるが、それでいてどこにも武満色が感じられる。
まともに武満論を書けるような力量は私には無いので、ミーハー的な感覚をもって、ごく簡単な感想を書いてみようと思う。

一番笑ったのは、黒澤明と映画の仕事をしたときの回想の部分である。武満と黒澤は音楽的な意見が合わずにぶつかったこともあるらしいのだが、黒澤は意外に小心で、武満にズバリと不満を言わないことがあったのだそうである。そして武満が語るのには、

 朝ホテルの部屋のドアの下から、ズズズッと紙が入ってくるの。それに
 『ぼくはきみの音楽が大きらいです。黒澤明』なんて書いてあるわけ。
 (p.89)

武満はアカデミックな場で音楽を学んだことはないが、その周辺に集まっていた人びとが、何でそんなに、と思えるほど優れた個性を持っていて、そうした環境は彼の才能が人を呼び寄せるパワーとなって働いたのではないかと思わせる。
一柳慧との出会いはあまりにも偶然過ぎる。武満の下宿の前の道をチェロをかかえて通る父親と息子がいて、その息子が一柳慧だった。武満は一柳に声をかけ、そこで交友が始まった。そのとき武満19歳、一柳は16歳だったという。武満は一柳からメシアンの楽譜を借りる。メシアンなどまだ誰も知らなかった頃である。
一柳は高校卒業後に渡米して当時のジュリアード音楽院に入る。アメリカでジョン・ケージの影響を受け、日本に戻って来て、そうしたアヴァンギャルドな音楽を紹介し、また自分でも作曲した。天才的ピアニストとも言われた。小野洋子と最初に結婚したのが一柳である。

武満徹を語る場合、最も重要な作品はやはり《ノヴェンバー・ステップス》であり、立花の記述もそこへ収斂していくような構成が見て取れる。
だがそこに至るまでの数々の試行錯誤のなかで、ミュージック・コンクレートについて武満が述懐している部分が大変興味深い。ミュージック・コンクレートとは1948年にフランスのピエール・シェフェール (Pierre Henri Marie Schaeffer, 1910-1995) が創始したジャンルと言われているが、今の言葉ですごく簡単に表現するのならサンプリング音のコラージュである。だが当時、サンプリング機器などはもちろん無く、テープレコーダーにより録音した音をそのまま、あるいは変調させてストックし、さらにそれらのテープをスプライシングして完成させる作品である。シェフェールの盟友として、後にリュク・フェラーリなどの名前もある (私の偏愛する作曲家のひとりであるフェラーリについては少しだけ、すでに書いた→2012年02月03日ブログ)。

シェフェールの作品が最初に公開演奏されたランピール座の客席にいたのが、1951~52年に給費留学生としてフランスにいた黛敏郎で、黛は日本に帰ってきてからミュージック・コンクレートの作品を作る。そうした時代の風潮に武満も影響を受けるが、そのサンプリング音の作り方がものすごく原始的なのである。たとえばある自然音を録音したら、その音の入っている分の磁気テープを切断して壁に貼り付けていくのである。何百本何千本ものテープが、七夕の飾りのようなひらひら状態で分類され、あの音はどれ、と探して、持ってきてつなぎ合わせるのである。
テープレコーダーもまだ大型の時代で (といっても実際にどんなものなのか知らないが)、NHKのような専門的な場所にしか存在していなかった頃である。
おそらくモノラルか、あったとしても2chで、それらのデッキを複数に使ってピンポン録音するのだが、当然のことながらどんどんノイズは増してしまうので、限界を感じて武満はそれをやめてしまう。

今、バリー・マイルズの『ザップル・レコード興亡記』という本を読んでいるのだが、アップルの一種のウラメニューとしてザップルというのがあったのだそうで、バリー・マイルズはそのザップルを取り仕切っていた人である。
ポール・マッカートニーのアヴァンギャルド・ミュージックへの傾斜について、以前にもそのような内容の本が出ていたが、見逃してしまった。一般的なイメージとは裏腹に、ジョン・レノンは比較的コンサヴァティヴな音楽志向があり、ポールのほうがアヴァンギャルドであることが知られるようになったが、そのザップル・レコードに至る経緯の中で、Revoxを導入する話やポールがBrenellのテープレコーダーを使っていることなどが出てくる。
そしてカットアップという言葉で語られていることは、つまりテープを切り貼りしてランダムにつなぎ合わせたりすることによって音を作り出すアヴァンギャルドな手法であり、それはポールが〈エリナー・リグビー〉を書いた頃という記述で判るように1966年頃の話である。
武満がミュージック・コンクレートに出会った頃からすでに15年が経過していて、テープレコーダーも小型化されてきたのであろう。そしてアヴァンギャルドなクラシック音楽レヴェルで取り扱われていたテープ音楽が、ポップスにまで広がって来た証左であるとも言える。ザップルが始まった頃、ポールはルチアーノ・ベリオを好んでいたと書いてあるが (ザップル p.26)、武満とベリオは1961年に親交を結んでいた。ベリオはその時ちょうど、日本に滞在していたのである (p.736)。

そして武満がバーンスタイン/ニューヨーク・フィルから依頼され作曲した《ノヴェンバー・ステップス》が初演されたのが1967年11月9日。それは西洋オーケストラに日本の琵琶と尺八をソロ楽器として導入した曲で、大成功を収める。バーンスタインと武満の糸を繋いだのは若き小澤征爾であった。
その同じ年、1967年6月1日にリリースされたビートルズのアルバムが《サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド》である。1960年代後半は、まさにアヴァンギャルドの時代だった。

(つづく→2017年08月18日ブログ)

takemitsu_170511_b.jpg
武満徹&カールハインツ・シュトックハウゼン


立花隆/武満徹・音楽創造への旅 (文藝春秋)
武満徹・音楽創造への旅




バリー・マイルズ/ザップル・レコード興亡記 (河出書房新社)
ザップル・レコード興亡記: 伝説のビートルズ・レーベルの真実




小澤征爾/新日本フィルハーモニー交響楽団
武満徹:弦楽のためのレクイエム
live 1990.11.06. 東京文化会館
https://www.youtube.com/watch?v=lpBiLQV0lM0
nice!(92)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 92

コメント 20

アヨアン・イゴカー

この記事、大変興味深く拝見しました。
by アヨアン・イゴカー (2017-05-11 08:11) 

末尾ルコ(アルベール)

武満徹を「もの凄く積極的に聴いていた」わけではないので、わたしはきっと「巨象の細胞のいくつか」を知っている程度なのだと思いますが、それでも「巨象の偉大さ」は実感として理解できます。立花隆という人物はあまり好きではない要素もありますが(笑)、どんな素材でもとても分かりやすく書くのが凄いですね。武満徹に関しては、『ノヴェンバー・ステップス』などの代表作と、多くの映画音楽などを中心に聴いています。ある時代の日本映画を観ていると、(ええ、これも、あれも、それも武満徹??)というくらい武満徹が音楽を付けていることが多く、しかも(ええ?この音楽が武満徹??)という意外性のある楽曲も多々あります。そうしたことを「意外」と感じるのはきっとわたしが武満徹をほんの少ししか知らないからでしょうが、蓮實重彦との対談の中でもその広範でかつ深い映画に対する愛情を披歴しており、人間的にも素敵な方だという印象は強いです。黒澤明はきっと、小心というのもあるでしょうし、極めてデリケートな人だったのでしょうね。淀川長治さんなどのお話を読んでも、それがヴィヴィッドに伝わってきます。ともあれ武満徹、今まで以上にじっくり向き合ってみたいと思います。

シックスマリンバ・カウンターポイント
視聴しました。いや、心地いいですね。たまたま雨模様の正午過ぎに視聴したんですが、周囲の景色が変わってしまいますね。そこが音楽のおもしろいところ。「目に見えない」芸術でありながら、「目に見えるもの」を変えてしまう。あるいは、「目に見えないからこそ」変えてしまうのか。
「音楽の聴き方」に関するお答え、有難うございました。今、音楽がいろいろな方法で聴けるという状況の中で、どのように向き合うかは、いつも自分ながら(これでいいのかな?)と感じることがありまして、特に時間的に長い作品に対する向き合い方については考えるところがありました。とてもよき示唆を与えてくださって感謝しております。
話は戻りますが、加藤訓子の演奏スタイルもカッコいいですね。「音楽家の見た目」についてどうこう言うべきではないとする方もいますが、一流の音楽家は演奏の際の身のこなしも美しいことが多いというのも真実であるような気が。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-05-11 08:34) 

lequiche

>> アヨアン・イゴカー様

ありがとうございます。
内容的に、まだよく理解できない部分もたくさんありますが、
「その時」 がどうだったかという時代性が伝わって来ます。
by lequiche (2017-05-11 12:35) 

lequiche

>> 末尾ルコ(アルベール)様

第1部と第2部の間に当時の編集者の報告がはさまっていますが、
「立花隆の傍若無人ぶり」 というような表現がされていて、
この個所でも笑いました。
闇雲に突進してしまうヴァイタリティが強く感じられますし、
立花さんはとても武満徹が好きだったのだと思います。

映画音楽をたくさん作曲したのは、
当時の映画界は一番隆盛な時期でギャラがよかったのと、
そこで音楽的な実験ができたから、とシラッと告白しています。
そう言いながらも真底映画が好きだったのでしょう。
年間200〜300本観ていたというのですから。

黒澤はクラシックが好きだったので、
最初から自分のなかにクラシックの音があったのだそうです。
それだったらその曲そのものを使えばいいじゃん!
と武満も言っています。
「いやキミ、それは違うんだよ」
と言いそうな黒澤の声が想像できます。
でも映画監督たちと軒並みケンカをしたなどと言いながら、
次々と作品ができてしまうのですから (しかもいまだに有名な)、
その頃の芸術に対する躍動感はすごいですし、
視聴者側のレヴェルも高かったような気がします。
蓮實先生と武満徹、映画に関するマニアックさは
いいとこ勝負ですね。(^^)

今は滅多に見かけなくなりましたが、
車をシャコタンにして窓を全開にして
どんがらどんがら高音量で鳴らされている騒音だって、
ジャンル的には音楽ですから音楽といわれる範囲は広いです。
その人にとって楽しめる音楽とは何か?
ということですね。
(この前、久しぶりにそういう街宣乗用車を見たのですが、
運転している人がいい年齢したおやぢで、
ああなるほどなぁ〜、という感慨がありました)

音楽は見た目ではありませんが、
身体の必然的な動きが結果として美しくなるのは
アスリートの場合と似ていますね。
特に打楽器系はスポーツに近似しているように思います。
by lequiche (2017-05-11 12:36) 

NO14Ruggerman

音楽創造…ミキシング技術の黎明期において情熱にみなぎった話ですね。
その2が待ち遠しいです。
by NO14Ruggerman (2017-05-11 16:07) 

ぼんぼちぼちぼち

あっしは音楽には疎いのでやすが、武満氏はあっしが好きな映画作品の音楽を幾多手がけておられるので そういった意味で印象深いかたでやす。
特に勅使河原宏監督安部公房脚本の作品のあたり。

立花さんが取材されてたのでやすね。
立花さんの著書は一時ハマって読みあさりやしたが、これも読んでみたい一冊でやす(◎o◎)b

by ぼんぼちぼちぼち (2017-05-11 21:17) 

majyo

巨匠同士がぶつかったと言うのが面白く、ドアの下から
あなたの音楽は嫌い! なんてあの黒澤さんが言うのがおかしいです。
立花隆さん最近は読んでないなあ
800ページとはすごいです。重くて寝る前は無理かも
by majyo (2017-05-11 22:03) 

lequiche

>> NO14Ruggerman 様

録音事情については、テープレコーダーの前身である
ワイヤーレコーダーの話もちょっと出て来ます。
ですから磁気テープ録音の黎明期の頃なのでしょうね。
1960年代末期のビートルズの頃ならまだしも、
1950年代にダビングなどエディットをするというのは
まだ性能的には無理過ぎる状態だったのだと考えられます。
気のきいた内容にまとめられませんので
次があってもユルい感想に過ぎないと思いますが
お付き合いください。
by lequiche (2017-05-11 23:22) 

lequiche

>> ぼんぼちぼちぼち様

武満徹には映画音楽もたくさんありますが、
ミュージック・コンクレートの技術を用いたものとして、
松本俊夫監督の実験映画《銀輪》の音楽があげられます。
これは最近復刻されたとのことなのですがご存知ですか?
2013年の実験工房展にて上映されたとのことです。
残念ながら私はその展覧会さえ知りませんでした。
特殊撮影に円谷英二の名前もあります。
http://jikkenkoboinkamakura2013.blogspot.jp/2013/02/blog-post_6.html
《銀輪》の製作年度は1955年、1956年、1959年など
資料によって違いがありよくわかりませんが、
武満最初のミュージック・コンクレート作品である
《ルリエフ・スタティク》(1955) よりは後だと思います。
by lequiche (2017-05-11 23:22) 

lequiche

>> majyo 様

そんなことバラされちゃったらカッコ悪いですけど、
でも武満徹の話には記憶違いも多々あるみたいなので、
本当なのかどうかは
黒澤監督に確かめてみないと何とも言えません。

立花隆畢生の大作、という感じですね。
本というよりは分厚い辞書みたいなので、
できれば2分冊にして欲しかったです。(^^)
by lequiche (2017-05-11 23:22) 

すーさん

小野洋子さん、そうだったんですね。
知りませんでした^^;。
by すーさん (2017-05-12 10:12) 

ぼんぼちぼちぼち

銀輪、何年か前に日本近代美術館フィルムセンターで上映された時に観やした。
松本作品なら是か゛非でも観なきゃって勇んで行きやした。
そう、これも武満さんの音楽なんでやすよね。

by ぼんぼちぼちぼち (2017-05-12 10:34) 

lequiche

>> すーさん様

その頃のお名前はまだ漢字表記です。
草月ホール創生期の頃に
いろいろメチャクチャやっていたことも書かれています。
(メチャクチャって言っちゃいけないのか? ^^;)
by lequiche (2017-05-12 15:06) 

lequiche

>> ぼんぼちぼちぼち様

さすが、やっぱりご存知でしたね。
武満徹と松本俊夫、直接的な仕事はあまりありませんが、
お互いにシンパシィを持っていたようです。
《ノヴェンバー・ステップス》日本初演のときも、
松本先生は絶賛しています。
by lequiche (2017-05-12 15:06) 

うっかりくま

ノヴェンバー・ステップス、予備知識もなく
コンサートで昔聞いたときは??でしたが、
昨晩らららクラシックという番組でタイムリーに
取り上げていました。作曲前後のことを語る奥様、
依頼した小澤征爾、初演時の尺八奏者のインタビュー
映像から、自分たちの文化を馬鹿にされないため
命懸けで臨んだ人々の気迫が伝わってくるものでした。
当時の社会状況も絡めた立花隆の著作で、文化の担い手
になっていく若者達が群像劇さながらに登場するなら
尚更面白いでしょうね。続編、お待ちしております!
by うっかりくま (2017-05-13 01:22) 

いっぷく

立花隆、膀胱がんから生還しましたか。それは何よりですね。
この人には個人的にお世話になったことがありましたが、
知の巨人というのは下駄はかせすぎ。
科学的な話はかなり非合理主義が入ったトンデモの主張ですし、
田中角栄や日本共産党の批判本も、自分で取材したわけではなく
公安の情報をまとめただけです。
優秀なアンカーマンではあるのでしょう。

まだ拝見していませんが、私には根気がいりそうな
ボリュームのある本ですね。
by いっぷく (2017-05-13 08:28) 

lequiche

>> うっかりくま様

おおお、「らららクラシック」、見逃してしまいました。
再放送で見たいと思います。
Nov.stepsは初めてNYフィルでリハーサルしたとき、
楽団員から大笑いされたのだそうで、その当時、
アメリカから見た日本がいかに異文化だったかがわかります。
(つまり紋付き袴がおかしかったわけです)
そもそも日本国内でさえ、武満の音楽は
最初は理解されなかったとのことです。
「音楽以前」 などと酷評されていたのに、
その風向きが変わったのは、ストラヴィンスキーが来日して、
武満の作品を聴き絶賛したことがきっかけのひとつです。
ただ、そのような歴史的な大転回のような僥倖は
今の日本ではもはや絶対に起こりえないでしょう。
そういう意味で考えると、当時は幸せな時代だったと思います。
by lequiche (2017-05-14 01:20) 

lequiche

>> いっぷく様

御病気はどうなのでしょうね?
「知の巨人」 という表現があるのでしたら、たしかに、
ニュアンス的にちょっとどうなのかな、と感じます。
闇雲にどんどん突っ込んでいくヴァイタリティはすごいですが、
この武満本でも 「誰が?」 いつ?」 という記述が粗いので
雑誌掲載時のリアルタイムな読み方なら面白いのでしょうが、
ずっと時が経てからだと、わかりにくい部分があります。
インタヴューした記録を残すためにあえてそのままに、
というような表現をご本人もされていますが、
そのときの 「ナマの声」 の魅力ということで
資料的に読むのが正解なのだと思います。
音楽ジャンルとしてもやや特殊ですから、
ある程度の音楽的興味がないと辛いかもしれません。(^^)
by lequiche (2017-05-14 01:21) 

うっかりくま

ららクラは初心者向けなので、 lequicheさん
はよくご存じの話をコンパクトに纏めただけ
だと思いますが、こちらでも読めます。
http://www.nhk.or.jp/lalala/archive.html
廉価だったのでドヴォ1?と持っていなかった
チェコフィルの7.8番を一緒にGETし聞いています。
アナログ人間なので音源は未だにCD・・(^^;)



by うっかりくま (2017-05-14 14:02) 

lequiche

>> うっかりくま様

ありがとうございます。
いえいえ、わたしは全然初心者です。
まだまだ知らないことが多過ぎます。

ドヴォルザークは後ろの番号のほうが有名ですが、
のだめでも取り上げていたように
第5番などもシブいです。

最近、私はCDよりもアナログレコードのほうが
良いのではないかと考えて、
レコードプレーヤーを検討しています。(笑)

上にリンクした1990年の小澤征爾には続きがあって、
ノヴェンバー・ステップスはオリジナルの演奏者の
鶴田錦史、横山勝也です。
尺八もすごいですが鶴田の琵琶は素晴らしいです。
後半は琵琶と尺八のソロの部分がほとんどですので、
この部分だけでもスリリングです。
前半:
https://www.youtube.com/watch?v=dTB3tNOSM7Y
後半:
https://www.youtube.com/watch?v=dsztdNrEJZY
by lequiche (2017-05-14 15:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0