So-net無料ブログ作成
検索選択

マリオン・ブラウン《ジョージア・フォーンの午後》を聴く [音楽]

maupin&marionbrown_170119.jpg
Bennie Maupin & Marion Brown, 1966 (L to R)

最近は街の中の普通の書店がどんどん無くなっていると聞く。書店に限らず、小さなCDショップ (昔の言葉だとナントカ楽器店みたいなの) や、チェーン店に属さない喫茶店なども軒並み消えてゆき、コンビニやドラッグストアや、あちこちで見かける看板と外装のカフェに変わっていたりする。既知の風景が見慣れぬ風景に、まるでオセロのようにくるくると反転してしまう。

でも西荻窪の北口からすぐのところに今野書店という昔ながらの本屋さんがあって、本の並べ方とか見せ方に、きりっとした清潔感があってとても好感が持てる。あ、まだこういうちゃんとした本屋さんってあるんだ、という気持ちになる。『重版出来』に出てくる河さんのような店員さんが、きっといるのだと思う。書店とは文化なのだ。

マリオン・ブラウンに《ジョージア・フォーンの午後 (Afternoon of a Georgia Faun)》というECMのアルバムがあって、ずっと聴きたかったのだが手に入らなかった。amazonやtowerで売っていたときもあったのだが、ずっと待たされた後で 「入荷しませんでした」 となってしまう。いまだとamazonでは中古で8000円くらいしてたりする。でも偶然、比較的きれいな中古盤が、ずっと安く手に入った。

ジョージア・フォーンの午後というタイトルは、ドビュッシーの《牧神の午後への前奏曲 (Prélude à l’après-midi d’un faune)》の英語タイトル《Prelude to the Afternoon of a Faun》のパロディである。でも、もちろんドビュッシーとは何の関係もない。

このアルバムはマリオン・ブラウンのアルバムでありながら、そのパーソネルに特徴があって、つまりアンソニー・ブラクストンとチック・コリアが〈サークル (Circle)〉という不幸な短命グループを作っていたまさにその時期の録音であるからだ。
《ジョージア・フォーンの午後》が録音されたのは1970年08月10日だが、その数日後の08月13日、19日、21日には〈サークル〉の録音が行われていてそれらは《Circling In》、《Circulus》という2枚のブルーノート盤に残されている。《Circling In》の場合はそれより5カ月ほど前の3月14日、19日、27日にもレコーディングが行われているが、その日付はコリアのソロアルバム《Now He Sings, Now He Sobs》の録音日とかぶっている。
そして《ジョージア・フォーンの午後》にはブラクストン、コリアだけでなくベニー・モウピンも参加している。モウピンはマイルスの《Bitches Brew》における悪魔のようなバスクラが印象的だ。

マリオン・ブラウンはジョン・コルトレーンの《Ascension》への参加がエポックとなっているサックス・プレイヤーであるが、アヴァンギャルドというふうに分類されてしまうけれど、その当時の典型的アヴァンギャルド・ジャズとは少し傾向が違うような気がする。
wikipediaによれば、《アセンション》の後、彼はパリに行き、印象派の絵画、アフリカ音楽、そしてエリック・サティなどに興味を持ったのだという。《ジョージア・フォーンの午後》はECMという独自の音を持つフィールドで、パリで影響され醸成された成果が反映されたのだと思ってもいい。

このアルバムで聴かれる音は、アヴァンギャルドなのかもしれないが、多分にアフリカン・ミュージックなテイストがしていて、しかもそれがプリミティヴな素朴さに傾き過ぎてしまうということがない。あくまでコントロールされた美学である。ヴィラ=ロボスのようなローカルな色彩感は無く、アフリカというイメージを持つサウンドから抽出される技法的な感覚をのみ取り入れているような感じだ。最も特徴的なのはヴォイスの使用法だろう。土俗的に捉えられがちな声の重なりが、パーカッシヴな効果音の音源のひとつのように幾つも重なる。このクリアな音は単純にマテリアルとしてのみ考えられていると思ってよい。
つまりワールド・ミュージック的なアプローチでもなく、あくまでジャズをそのルーツとしているのであって、アフリカを肯定的にとらえたサウンドといえよう。だからピーター・ゲイブリエルとかトーキング・ヘッズが提示したプリミティヴな指向とも違うし、時期的にももっと前だ。

そうしたコンセプトの中で使われているブラクストンとコリアの〈サークル〉的な音との重なりかたは、とってつけたようでなく、うまく融合しているように感じる。1曲目の〈Afternoon of a Georgia Faun〉で、ピアノの内部奏法から始まるコリアの音は《ナウ・ヒー・シングス…》の中の最終曲〈The Law of Falling and Catching Up〉の始まり方を連想させる。

私が最初に聴いたマリオン・ブラウンは《November Cotton Flower》(1979) であって、それはかつてのアヴァンギャルドの詩人的な音ではなかった。音は明快で曇りがなく、なによりも、神経質で難解という感じでは無くて、太くて強い音にメインストリームなジャズの伝統を感じてしまうほどだった。それとも《November Cotton Flower》は単にコマーシャルなアルバムに過ぎなかったのだろうか。

パリというヨーロッパ文化からの影響として、マルセル・カミュの映画のサントラという記述がある。これはアルバム《Le temps fou》を指すのだと思えるがそんな映画はなく、おそらく《Un été sauvage》なのだと思うが、しかし映画のデータには、音楽担当は Nino Ferrer となっていて、それらの関係性がよくわからない。オーネット・コールマンの《Chappaqua Suite》に似て、幻のサントラだった可能性もある。
他のアルバムも聞いてみたいと俄然思ってしまったのは、このようなあまりにも情報の不足した部分にかえって探究心を揺り動かされるものだからなのだ。


Marion Brown/Afternoon of a Georgia Faun (ECM)
Afternoon of a Georgia Faun




Marion Brown/Afternoon of a Georgia Faun
https://www.youtube.com/watch?v=VTHcYM1JN44
nice!(85)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 85

コメント 12

末尾ルコ(アルベール)

マリオン・ブラウンのことはほとんど知りませんでした。それにしてもカッコいい映像ですね。まず映像に目を奪われました。モノクロ画面の効果が素晴らしい。光と影だけで生み出される美がありますね。全体を通して不穏なムードが漂っているのも好みです。そして確かに牧神が現れそうな雰囲気も。そう思いながら聴いていると、ドビュッシーの曲とどこか共通点はあるような錯覚さえ感じて来るからおもしろいです。曲調も大好きです。集中して聴き込むのもいいし、物憂い午後、あるいは深夜に聴きながらものを書いたり本を読んだりすると、とてもいい時間になりそうです。《牧神の午後への前奏曲 (Prélude à l’après-midi d’un faune)》というと、ニジンスキーの、(どこがバレエだ!)とツッコミたくなるような歴史的ダンスが思い浮かぶのですが、この映像と音楽にはそんな狂気と何か共通点があるのかな、とも感じています。マルセル・カミュとの関連も気になりますね。マリオン・ブラウン、またじっくり聴いてみます。 書店に限らず、すべてがコンビニ化している現代。「人間の芯」に触れるものをより重視していきたいものです。 RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2017-01-19 22:14) 

lequiche

>> 末尾ルコ(アルベール)様

マリオン・ブラウンは、日本語のwikipediaには項目がありません。
もっとも、ジャズの場合、日本語wikiはほとんど役にたたないので
基本的に英語wikiを見ることが多いです。
ですから、2流といえばそうなのかもしれないんですが、
私の嗜好として2流だからこそ良いんです。

不穏なムード、確かにそうですね。
1966年のアセンションのレコーディングの後、
マリオン・ブラウンはフランスに行きますが、
サティというのはひとつのヒントです。
ルイ・マルの映画《鬼火》(Le Feu follet) の公開は1963年ですが、
この退廃的なモノクロームの映像のバックに流れるのが
サティだからです。
ラヴェルは、ドビュッシーよりもサティのほうが
先行して革新的だった、というようなことを言っています。

マルセル・カミュといえば《黒いオルフェ》ですが、
テーマ曲はジャズのスタンダード曲化していますし、
フランスとジャズとは相性が良いようです。
ピエール・ミシュロとかバルネ・ウィランとか、
いかにもフレンチ・ジャズですね。
by lequiche (2017-01-20 03:22) 

hatumi30331

雨降ってきました〜
ランチで飲んで・・・・
一人4500円も払って来たよ。へへ;
by hatumi30331 (2017-01-20 15:20) 

えーちゃん

書店やCDショップは、確かに減っちゃったね。
個人経営は厳しいかもね。
本やCDも最近は何か特典が付いてないと売れないらしいね?
雑誌にバッグが付いてたりね。
そのバッグを目当てに買う人が多いそうで(^^;
本は読まないらしいw
by えーちゃん (2017-01-20 17:18) 

lequiche

>> hatumi30331 様

こちらは降りそうなんだけど降っていません。
でも寒いですね。
ランチ4500円! ひえ〜〜〜っ!(^^;)
でも、おいしければそういうのもありですね。
by lequiche (2017-01-20 23:12) 

lequiche

>> えーちゃん様

そのうち、個人商店は無くなっちゃうんでしょうか?
それだと味気ないですね。
雑誌の付録は、どっちがメインでどっちが付録なのか
よくわからないですね。
でもトートバックは付け過ぎなのでもういらない、
って感じです。
by lequiche (2017-01-20 23:12) 

そらへい

西荻窪の今野書店、
二年前に西荻窪を訪れたとき
寄ってきました。
確かにおっしゃるとおり、清潔感のある
コンセプトのしっかりした書店に見えましたね。
by そらへい (2017-01-21 21:12) 

NO14Ruggerman

確かにBitches Brewは悪魔のようであり、お化けが
出てきそうな雰囲気があると思います。
by NO14Ruggerman (2017-01-21 22:22) 

lequiche

>> そらへい様

あ、ご存知ですか。
ごく普通の書店なんですが心持ちがいいですね。
今は大手の大型店舗の書店でも、
なんとなくだらしのない店が多いのでがっかりです。
そういう店/店員は、本を愛していないんだと思います。
by lequiche (2017-01-22 01:26) 

lequiche

>> NO14Ruggerman 様

《Bitches Brew》が録音されたのは1968年8月ですから、
このマリオン・ブラウンのアルバムの2年前ですが、
モウピンのバスクラは同じようなテイストで健在です。
こうした特徴的な個性のバスクラはドルフィー以来ですね。

今、そのBitches Brewをちょっと聴きながら書いているんですが、
マイルスのアドルブ・ラインは面白いですね。
今、気がつきました。(オソイダロ ^^;;)
どういうスケールなのか興味が湧きます。
by lequiche (2017-01-22 01:27) 

老年蛇銘多親父(HM-Oyaji)

マリオン・ブラウン、この名前忘れかけていましたけど、思い出させていただきました。

時代的には、この名を聞いたのは確か、フリーとフュージョンの狭間の時代。

当時は、仲間内では新時代のプレヤーとして結構注目されていたのですけど。

その彼、ピュアな音色で語る新時代のサックス奏者、と言うのが私のイメージなのですが、おっしゃる通りアヴァンギャルドのジャズの範疇に留まらないイメージも感じていた人。
私など、そのプレーを現代音楽イメージでとらえてしまっていたせいか、当時なかったそのスタイルが今も深く印象に残っていましてね。

今思えばこの人、もう一時代出現が遅かったら、その評価も随分違っていたのではと、考えさせられてしまいつつ、とっくに忘れていた、マリオン・ブラウン、おかげで再び聴いてみたいものだと考えさせられてしまいました。


by 老年蛇銘多親父(HM-Oyaji) (2017-01-29 21:38) 

lequiche

>> 老年蛇銘多親父(HM-Oyaji) 様

フリーとフュージョンの狭間、的確な表現ですね。
その時代とどうコミットしていたのかというのは
ある意味、運不運なわけで、でもそれもまた
仕方の無いことでしょう。
ネットでマリオン・ブラウンのこのアルバムを検索すると
随分むずかしく捉えている感想が多く見られました。
でもそんなにがちがちにアヴァンギャルドではないと思います。
むしろプリミティヴで柔らかな印象がありますし。
私がこの音から連想したのは
キース・ジャレットの《Death and the Flower》だったんですが、
キースのは暗鬱で深刻なのに対して、
マリオン・ブラウンは木漏れ陽の明るさを伴っています。

私は一度マリオンのライヴに行きましたが、
その明るい音のルーツにあるのは意外に伝統的なジャズです。
マリオン・ブラウンとフランク・ストロジャーは
ちょっとマイナーなアルト吹きですが、私のアイドルです。
by lequiche (2017-01-30 11:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0