So-net無料ブログ作成
検索選択

ゼレンカのシンフォニア — I Penitenti al Sepolchro del Redentore [音楽]

ZWV18-Kyrie-title.jpg

ヤン・デスマス・ゼレンカの続き (前の記事は2012年12月23日)。

ヴァーツラフ・ルクス/コレギウム1704はゼレンカを次々に録音しているので、そのうち2枚ほど聴いてみた。1曲はyoutubeにもあった《Missa votiva ZWV18》(1739) で、もう1曲はオラトリオ《I Penitenti al Sepolchro del Redentore ZWV63》(1736)、日本語のタイトルは《贖い主の墓前の悔悟者》とある。

あらためて聴いてみるとコレギウム1704の楽器の音は軽い。軽いというのはつまりheavyでないというニュアンスで、それがおそらくピリオド楽器の特質だと思われるし、最初はちょっと心許ないような感覚にとらわれるが、tuttiで鳴ったときの響きに現代の楽器では得られない空気感があって、これに慣れるとその気持ちよさがたまらないのかもしれない。これはあくまで個人的な印象であるが。

だが、楽器こそ当時使用されていたものなのかもしれないが、ルクスの音作りは21世紀の音であって、たとえば《Missa votiva》のイントロはものすごくカッコイイのだけれど、極端過ぎるともいえるこんなアーティキュレーションがゼレンカの時代に存在したとはとても思えない。つまりピリオド楽器は単なるツールのひとつとしての選択に過ぎないと思っていた私の感覚は間違っていなかったといえる。音色は昔ながらだけれど、演奏は昔ながらではないのだ。

ZWV63のオラトリオは、冒頭に楽器だけの演奏による (歌の入らない) Sinfonia があるが、ぼんやりと聴いていたら何か聞き覚えのあるような部分がある。Adagio が終わって Andante ma non troppo となってからすぐのヴァイオリンによるクロマチックな下降 [29小節目]、この下降ラインが何度も出現する [たとえば35小節目からはオーボエとヴァイオリンⅠ]。これはバッハの《音楽の捧げもの》だよね?

ZWV063_06.jpg

ZWV063_07.jpg

バッハの《音楽の捧げもの BWV1079》は、伝説によれば、フリードリヒ大王が提示したテーマをバッハがその場でインプロヴァイズし、後にそれらを改訂し楽譜にまとめて王に献呈した曲ということでその名がある。
この王のテーマはクロマチックに下がってくるのが特徴的な、一度聴いたら忘れないメロディである。

BWV1079theme.jpg

といってももちろんゼレンカがこの王のテーマをパクッたのではない。なぜならZWV63の成立は1736年で、音楽の捧げものが書かれた1747年よりも前だからである。
《Missa votiva》の第1曲目 Kyrie にも、合唱が Kyrie eleison と入ってくる直前に、c → b → a♯ → a♮ → g♯ → g♮ → f(♯) と下がってくる個所があって、こういうクロマチックな下降はゼレンカの好きなパターンなのかもしれない、と思うのである。

ZWV18-Donanobis-end-dedic.jpg
Missa votiva ZWV18のDona nobis pacem

collegium1704.jpg


Václav Luks, Collegium 1704/
Zelenka: I Penitenti al Sepolchro del Redentore ZWV63
(Zig Zag Territories)
Zelenka - (I) Penitenti al Sepolchro del Redentore ZWV63




Václav Luks, Collegium 1704/Zelenka: Missa votiva (Zig Zag Territories)
Missa Votiva (Dig)




Václav Luks, Collegium 1704/
Zelenka: I Penitenti al Sepolchro del Redentore ZWV63 — Sinfonia
http://www.youtube.com/watch?v=ZkcLgA9jd3g
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 4

ネオ・アッキー

あけましておめでとうございます 旧年中は大変お世話になりました。 今年もよろしくお願い致しますm(._.)m
by ネオ・アッキー (2013-01-03 05:21) 

lequiche

>>ネオ・アッキー様
あけましておめでとうございます。
いつも参考になる記事をありがとうございます。
こちらこそよろしくお願い申し上げます。(^^)
by lequiche (2013-01-03 07:54) 

マカロニサラダ

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します^^
by マカロニサラダ (2013-01-03 10:20) 

lequiche

>>マカロニサラダ様
あけましておめでとうございます。
早速お越しいただきありがとうございます。
こちらこそよろしくお願い致します。(^_^)b
by lequiche (2013-01-03 12:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: